クチコミ評価で暗号通貨(仮想通貨)取引所をランキング形式で徹底比較!

【初心者の方向け】ビットコイン・仮想通貨ってそもそも何??

最近メディアで毎日のようにビットコイン(BTC:Bitcoin)をはじめとした仮想通貨のことが新聞やTVで取り上げられていますね。

金融機関周辺のフィンテック(FINTEC)関連の動きも激しいです。今通貨の概念が大きく変わろうとしています。

間もなく、いや本当に近い将来、持っていることが当たり前の時代がやって来そうです。今さら聞けない仮想通貨についてまとめてみました。ちなみに日本では一般的に「仮想通貨」とメディアでは書かれていることが多いですが、世界的には暗号通貨(デジタル通貨)という表現が一般的です。今や政府も正式な通貨として認めているので、いずれは仮想通貨という言葉は使われなくなっていくかもしれません。

 

ビットコインとはそもそも何か?初心者の方へ

ビットコインとはインターネット上に存在する「暗号通貨(仮想通貨)」のひとつです。1番有名ですよね。

インターネット上で売買が行われ、また最近はお店で買物もできるようになってきています。お札や硬貨のように目に見える形はなく、誰でも使うことができます。

 

ビットコインは、2009年にインターネット上で、ナカモトサトシという方が論文を出したことが始まりでした。日本人(?)なのかもしれませんが、素性ははっきりしていません。

政府や銀行に支配されることがなく、インターネット上でお金のやり取りが個人間で自由にできるということが支持され、エンジニアがあれこれと試行錯誤し、一気に世界的に広まりました。ブロックチェーンという暗号化技術が強固なセキュリティーを生み、お金のやり取りをネット上で可能にしています。

 

私たちが普段使っている現金には、政府や発行した責任元の中央銀行などが存在し、通貨の流通を管理していますが、ビットコインにはそうした存在がありません。特定の管理者ではなく、ユーザー全体で管理しているというのが大きな特徴です。こうしたこともブロックチェーン技術が可能にさせています。

またユーザー全体の相互監視があるので、不正も起きにくくなっています。すべての通貨のやり取りがブロックチェーンを介してネット上に記録されているのです。

 

ビットコインを使うメリットとは? 暗号通貨(仮想通貨)としての特徴

ビットコインは政府や企業、銀行などが関与していないので次のようなメリットがあります。

 

・銀行を通すことなく個人間で瞬時に送金ができる

・極めて安い手数料

・強固な暗号技術が使われているのでセキュリティー的に安心

・どの国でも使用できる(国境が無い)

・使用に条件や制限が無い(自由な決済)

・キャッシュへ換金が可能

・口座を凍結される心配がない

 

特に手数料の安さと送金の速さは特筆べきです。これまで例えば海外へ送金する際には、いくつかの銀行を介して日数もかかり、また手数料が何千円もかかるというのが普通でした。しかしながら、ビットコインを使えば瞬時に僅かな手数料で送金が可能です。これはまさに革命的なことで、銀行関係者もフィンテック絡みのシステム開発や事業開発に慌てて経営資源を投下しています。

 

 

ビットコイン利用のデメリットは?リスクは?

逆にデメリットとしては、以下のようなことが考えられます。

 

・為替と同様に価格が上下変動する

・世間に浸透していないので利用できる場所が限られる

・送金先を間違えても自己責任

・パスワードをなくしてしまったり、ハッカーに遭ってしまったなどのトラブルがあったときの保証がない

 

パスワードをなくしてしまうなどは、リアルなお金を失くすのと同じようなことかもしれないですね。

以前、ビットコイン取引所の当時世界最大手だったマウントゴックス社がサイバーテロに遭い、コインが盗まれて破綻したというニュースがありました。以降日本ではビットコインは危険というイメージが定着してしまいましたが、実のところは社長がビットコインを使い込んだということで逮捕されました。

 

しかし、日本では「ビットコインは破綻した」というネガティブなイメージが浸透してしまいました。一方で世界では価格は上がり続けていました。

 

また一般論として、IT弱者には理解するまでにとっても時間がかかります。

面倒だから途中であきらめて「そんな面倒なら現金でいいよ」ってなります。

昭和前半生まれの私の両親には全く理解できません…

メリットばかりではありませんが、始めにデメリットも知っておけば、最低限のリスクは回避できるのではないでしょうか。

 

ビットコインはどこで使えるの?利用シーンは?買い物にも?

一番分かりやすい利用シーンは海外への送金でしょう。

銀行から送金すると、送金手数料・外資取扱手数料・仲介手数料・関係銀行手数料・為替手数料など、様々な手数料が発生し、送金額の5%~10%ぐらいになります。しかも為替レートにも変動され、また時間もかかります。2~3日、へたをすれば一週間ほどかかる場合もあります。為替レートにも振り回されるので、負担が増える場合もしばしばです。

 

一方、暗号通貨の場合は革命的です。手数料はなんと無料だったり、かかっても僅かな金額で送金が可能です。

時間も取引所やウォレットにより多少時間差は発生しますが、瞬時か、かかっても数時間で相手に送金できます。為替レートに影響されることもなく、わざわざ銀行に行く手間もありません。

 

また現在買い物でも利用できるシーンが身近になってきています。ビックカメラでビットコインが使えるようになったニュースは大きくニュースで取り上げられました。全国で使えるお店も現在26万店舗以上あり、年々急激に増加しているようです。(※2017年4月現在、日経新聞より)

また、これまでもクレジットカードで買い物はできましたが、お店側はクレジットカード会社に3%~5%の手数料を支払う必要がありました。ところがビットコインを使えば、クレジットカード会社を通す必要がなります。外国人の買い物客を取り囲むにも有効なので、導入店舗はこれから加速度的に増えていくことでしょう。財布を持たないで生活する時代もそう先ではないかもしれません。

 

投資対象としてのビットコイン・暗号通貨

最近はITと金融をかけ合わせたフィンテックが注目されています。画期的な技術が次々に生まれ、今、世界的に銀行各社を巻き込んで、金融システムが大きく変わろうとしています。

日本では2016年に金融庁が暗号通貨を通貨と認め、さらに2017年4月には改正資金決済法(通称:仮想通貨法)が施工されたことで一気に信用度が上がりました。法整備も整い確実に普及に向けて追い風が吹いています。

 

現在、暗号通貨(仮想通貨)は世界で約800種類もあると言われています。取引所で売買できる通貨以外にも様々存在し、実際はいくつあるのか明確なことは分からない状態です。一説には3,000種類以上あるなどという話もあります。

 

お金はそれを「価値がある」と認められて、初めて通貨としての役割が生まれます。価値が認められなければモノを買ったりすることも当然できません。

 

その中で、ビットコインは徐々に安全資産と考えられるようになって来ています。先のマウントゴックスの事件のように、ビットコインは盗まれるから危ないと思われる人もいるかもしれませんが、それは現金だって同じことかと思います。

 

現在(※2017年5月現在)ビットコインの価格は、一時1Bitあたり30万円を超えました。2009年に1Bit0.1円だったので、300万倍に膨れ上がったということです。1万円分持っていた人は、300億円に膨れ上がったということです。ちょっとビックリですよね。ちょっと買っておいて忘れていたらいつの間にか億万長者になっていたなんて話も世界にはゴロゴロあります。羨ましいですね。

 

 

有識者の間では、100万円くらいになるとか、もっと上がるとか、色々な意見が出ています。特に2020年のオリンピックを契機に高騰するなんて説もあります。この頃にはフィンテックも様々なことが起こり、ビットコイン以外の暗号通貨もとんでもないことが起こってい可能性があります。

実際に三菱UFJフィナンシャルグループをはじめとした銀行各社、トヨタなどの金融以外の大企業も研究に取り組んでいます。暗号通貨の1つ「リップル/XRP」にはGoogleが、イーサリアム(ETH)にはマイクロソフトが提携し、ビジネスチャンスを狙っています。

暗号通貨・・ちょっと持っているだけでも夢が見れますよね。

2017年5月現在、ビットコインはもとより、主要な暗号通貨が高騰を続けています。主婦の方や学生の方などでも早く気づいた方は含み益が増えているようです。ビットコインは、1Bit単位でなく、最小単位 0.00000001BTC(=1 satoshi といいます)で購入が可能です。1Bit30万円の場合でも0.003円です。誰にでも購入できますよね。

他にも1円未満のコインはゴロゴロあります。1ヵ月で10倍20倍に高騰したコインなどたくさんあります。こう書くとちょっと怖い感じがしますが、ほんの1,000円、2,000円分だけ換金するなどの投資だってできるわけなので、リスク回避は当然できますよね。

 

まとめ

今通貨の概念が大きく変わろうとしています。海外では、一部の国では最近財布を持たない生活というのも進んで来ているようです。日本は昔から現金主義の文化があり(タンス預金などはイメージし易いです)、もう少し時間がかかるかもしれませんが、そう遠くない将来かと思います。

現在利用できるお店が急激に増えています。最近は光熱費をビットコインで支払えるようにもなってきています。

実際に決済をしてみると分かるのですが、本当に簡単で便利ですので、身近な決済手段として普及は加速度的に広まっていくことでしょう。

 

ビットコインを利用する人が増えると、当然それを価値が上がり、高騰がイメージされます。しかも普及は日本だけではないわけで、目に見えない電子上のお金というものは確実に世の中で広がっていくことでしょう。

 

ビットコインはその発行数量に上限があり、金と同じように例える人がいます。金は鉱山から発掘するわけですが、埋蔵量は有限ですよね。それと同様にビットコインも2,100万BTCという上限が決まっています。有限であるからゆえに、価値があるわけです。ダイヤモンドがどこにでもあるものだったら価値を感じないですよね。

 

ビットコインの場合、マイニングといってコンピュータが暗号を解読し、コインを発掘する仕組みとなっています。鉱夫が鉱山で金を発掘するのと似ていますね。マイニングの暗号解読はかなりの高性能コンピュータでないと解読できないので、やはり価値があるわけです。

 

現在、急激に伸びている暗号通貨はビットコイン以外にもたくさんあり、短期間のうちに資産家が世界中で生まれています。もしかしたら身近な友人がこっそりと資産を増やしているなんてことも・・

まずは取引所で少額でも買ってみるとよいと思います。色々なことが分かって来ます。面倒くさがったり、変な先入観でチャンスを逃しませんように。

今年2017年は仮想通貨元年などとも言われています。早ければ早いほど大きく資産を増やせる、今まさにそんな状況です。

 

初心者向けビットコイン取引所でまず最初におすすめです

↓↓↓↓↓

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

コメントを残す

取引所おすすめランキング
coincheck(コインチェック)
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
bitFlayer(ビットフライヤー)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Zaif(ザイフ)
bitbank Trade(ビットバンクトレード)
bitbank Trade(ビットバンクトレード)
POLONIEX(ポロニエックス)
最近のコメント